H30 事業スケジュール   

浜松地域FSC・CLT利活用推進協議会
平成30年度事業計画

■事業推進方針

本協議会発足時から活動してきた3つの部会活動を通じて、会員のFSC・CLTに関する知識や、木材利用に対する意識が向上されたこと、また、3つの部会がそれぞれ関連していることなどから、平成30年度は、全会員を対象とする全体事業を中心に事業を推進する。

なお、部会活動の必要が生じる場合には、柔軟かつ機動的にその活動を実施していく。

具体的には、国等の最新動向等に関する講習会を開催し、情報共有を行うと共に、会員や市民に向けた「FSC」の普及啓発、「CLT」の普及や活用促進、事業者間の連携強化等、課題を整理した上で各事業を行う。

「FSC」については、会員のFSC認証材の活用や環境意識の向上のみならず、市民に対する普及啓発に取組む。

環境意識の高い企業等からFSC認証材を活用した取組みを学ぶセミナー等を開催するほか、「FSC」の啓発用グッズを製作し、会員に活用してもらうと共に、市民に対しても、環境意識の高い企業等に協力をいただき、セミナー等により普及啓発を図る。

「CLT」については、会員のさらなる知識の向上、本地域におけるCLTの普及、生産の実現に向けて取組む。

会員の知識向上のため、CLTの追加告示に関する講習会等を開催すると共に、本地域でのCLTの普及、生産の実現に向け、他地域などにおけるCLT実物件やCLT生産加工工場の見学等を行い、本地域における課題を整理し、CLTの活用を促進していく。

また、「天竜材」の利活用を促進するため、天竜材を利用した新たな取組や事例を共有する報告会等のほか、天竜材を利用した実物件の見学会等を開催し、天竜材の新たな需要創出等に取組む。

実物件の建築等に関する情報収集を行い、設計段階からアプローチすることで、天竜材を活用した物件の建築等に繋げていく。

 

■事業スケジュール

事業内容
運営委員会 全体会
4 (25(水))運営委員会
5 正副委員長会議、
運営委員会は適宜開催
(17(木))総会・講演会 ・浜松ウッドコレクション2018への協賛
(6〜10月頃予定)・「FSC」啓発用グッズ等の製作
6 正副委員長会議、
運営委員会は適宜開催
(14(木))<予定>CLT物件(サステナブル木造実験棟)
完成見学会(浜北区貴布祢
7 正副委員長会議、
運営委員会は適宜開催
(上旬)環境に対する意識が高い企業の取組事例セミナー
8 正副委員長会議、
運営委員会は適宜開催
(下旬) ①建築物件・新たな取組等の情報共有・意見交換会
9 正副委員長会議、
運営委員会は適宜開催
(中旬) CLT追加告示に関する講習会ほか
10 正副委員長会議、
運営委員会は適宜開催
11 正副委員長会議、
運営委員会は適宜開催
(中旬) ㈱サイプレス・スナダヤCLT生産加工工場ほか視察(愛媛県等)
12 正副委員長会議、
運営委員会は適宜開催
(上旬) ②建築物件・新たな取組等の情報共有・意見交換会
1 正副委員長会議、
運営委員会は適宜開催
2
3 (上旬) ③建築物件・新たな取組等の情報共有・意見交換会

※運営委員会等は、必要に応じて適宜開催する
※事業は、必要に応じて追加、内容変更等をして進める。