「CLTの活用と木化事業に関する研修会」開催

平成31年1月25日(金)、協議会の全会員を対象にした「CLTの活用と木化事業に関する研修会」を開催しました。

講師の住友林業㈱の熊川佳伸氏から、自社の木化事業に関する実績の紹介と創業350年を迎えるにあたり計画している『「W350計画」街を森にかえる 環境木化都市の実現を目指して』の概要についての講義を受けました。

また、CLTの活用事例報告では、本協議会員である㈲アラン様が建築している自社倉庫について、構造の設計者である㈲イーエス工房の川口達次氏と、意匠の設計者であり施主である㈲アランの中根康晴氏よりそれぞれ説明を受けました。

 

講演する熊川氏

事例発表する川口氏

事例発表する中根氏

 

 

 

 

『浜松ウッドコレクション2018』フォローアップセミナー開催

平成30年12月14日(金)、浜松市と共催して「浜松ウッドコレクション2018」フォローアップセミナーを開催しました。

審査委員長の静岡文化芸術大学 副学長の寒竹伸一氏から、「浜松ウッドコレクション2018」の総評と「建築と庭(園)」と題した講義を受けました。

総評では、各部門の最優秀賞をはじめ受賞作品について講評し、今回は「木造(木の使い)と空間のバランスがよい作品を選考した」と総括しました。

講義をする寒竹審査委員長

【全体研修会】「地域材(木材)の活用・取組事例講習会」開催

平成30年8月10日(金)、協議会の全会員を対象にした「地域材(木材)の活用・取組み事例講習会」を開催しました。

本講習会は、浜松市とのグリーンレジリエンス連携・協力協定先である三井住友海上火災保険㈱の協力により実現したもので、地域材(木材)の活用・取組みについて、㈱乃村工藝社様、㈱竹中工務店様といった大手事業者から事例を交えての講義を受けました。

また、MS&ADインターリスク総研㈱の原口真氏からは「地域産材活用促進を地域の事前防災強化につなげる(浜松版グリーンレジリエンス)」と題した講義を行いました。

講義をする原口氏

全体風景

1 / 512345